クラミジア治療

クラミジア治療

 

 クラミジアの治療に最も重要な事は何だと思いますか?良く効く抗生剤でしょうか。勿論間違いではありません。質の良い抗生剤でしっかりクラミジアを退治しましょう。

 

 

けれど、その一方で私は思うのです。

 

漠然とした体の異変を見逃さない事も治療の大事な一貫だと。

 

耳にタコ状態だと思いますが、何事においても早期発見早期治療。

 

クラミジアの治療に於いても、それは当てはまると思います。

 

また、感染を繰り返さないためにも感染経路と言うものは

 

熟知しておいて損はないと思います。もう周知されてる事と思いますが、感染経路は性交時の粘膜を介して感染します。

 

予防法はシンプルでコンドームを使用する事で簡単に感染を予防できます。クラミジアは残念ながら一度感染したからと免疫が出来て次から感染しない!軽症で済む!というものではありません。

 

条件が揃えば何度でも感染し何度でも発症します。警戒すべきは、クラミジアに感染すると「HIV」に感染する確率が高くなると報告されてる点です。怖い性感染症は、しっかり予防して感染しないに越したことは有りません。

 

因みに、心当たりのある方は、今は検査キットも有りますので是非簡単に検査をしてみて下さい。

 

色んな事情で病院に行けない人にピッタリです。自分が陰性なのか陽性なのかを把握して、感染拡大を食い止めてください。

 

さて、そのクラミジアを治療してくれる薬は「アジ―」「クラビット」等が有名ですね。とても優れた抗生剤になってます。用量用法、使用上の注意をく守って治療しましょう。

 

悩み無用です!パートナーの為、自分の為まずは自宅で検査してみましょう

 

自宅で検査・治療を考えるならこちらで詳細を確認出来ます

 

クラミジア予防

 

 何となく、身体の状態がいつもと違う。漠然とした異変を痛みが有るわけじゃないからと放置してしまうと、色々と状態は悪化します。

 

自分の中でクラミジアが進行し、やがて不妊症に陥るだけではありません。

 

知らずにパートナーを感染させてしまう危険もあります。クラミジアを予防するには、クラミジアが自覚症状のない厄介な感染症だという事をしっかりと熟知する事と、感染経路を把握する事が大事ですね。

 

私がクラミジア感染を予防したい一番の理由は知らずに加害者になってる可能性が有るからです。

 

異変を異変と気づかず放置してしまえばその状態で無防備に濃厚な性交が行われればパートナーへの感染は必至です。クラミジアの予防法は確立されてます。

 

何故なら感染経路が既に特定されていて予防の手立ても確立されてるからです。

 

決して高いお金を掛けないと予防出来ないとか、そんな事は有りません。

 

 

濃厚な性的接触に潜むリスクをしっかり把握してコンドームを使用する事でお互いに感染を防げます。

 

どうか、決して他人事と思わないで下さい。まず自分が感染してるのか、してないのか把握する事から始めませんか?

 

感染する心当たりが有れば積極的に検査キット等取り寄せて

 

調べてみましょう。検査も治療も、感染予防も全て、非常に簡単なのです。

 

だからこそ、こういった知識をもっと広めてクラミジア感染により不妊症に陥る男女を少しでも減らしていきたいと願っています。

 

悩み無用です!まずは感染の有無を調べてみましょう。それがクラミジア予防の第一歩です

 

忙しい人でも大丈夫!自宅で治療を考えるならこちらから

 

クラミジア特徴

 

 皆さんが病院に掛かる時って、どんな時ですか?例えば虫歯が出来れば耐えられない歯の痛みに襲われて歯科医を受診しますよね。

 

風邪で熱が出た、気分が優れない等、自覚症状が出れば勿論受診しますよね。誰もが不快な症状には耐えられませんので痛みが出たり、気持ち悪くなったりすれば受診しますよね。

 

風邪や虫歯のように、しっかりと身体に異常を知らせてくれれば良いのですが、当サイトが取り上げたクラミジアは残念ながら自覚症状が有りません。射し込むような痛みが出るとか気持ち悪くなるとか全くありません。

 

自覚症状がないのがクラミジアの特徴と言うしかありません。いえ、正しく言えば、

 

おりものなど、分泌物の異常等シグナルを出してはいます。

 

けれど、その些細な異常から直ぐにクラミジアを疑うのは難しいでしょう。

 

 

ですが、心当たりが有る方は一度、クラミジアの感染を疑ってみて下さい。

 

前のコーナーでも述べましたが、クラミジアの感染経路は性交時の粘膜同志の接触によって起こります。

 

コンドームを使用せず性交した!又は最終的にはコンドームを使用したが、口でしてもらう時は何もつけてなかった等。

 

クラミジアは性器クラミジアだけでなく咽頭クラミジアも有りますので注意が必要です。

 

感染の可能性が有る状態で無防備な性交を続けるのは危険です。今は匿名でコッソリ自宅でできる検査キットも有ります。

 

取り寄せて、まず検査して見ては如何でしょうか。パートナーの為にも是非検査しましょう。そして陽性が出たら速やかに治療しましょう。

 

パートナーの為、自分の為、まずチェックしましょう

 

忙しくても治療はしないとなりません、こちらを参照ください

 

クラミジア不妊症

 

 クラミジアは不妊症にも陥ってしまう恐ろしい病気です。的確に早期に治療すれば

 

直ぐに治ってしまうのに、末期まで進行してしまうとに不妊症になってしまいます。

 

将来的に子供を望むのであれば、やはり、心当たりが有る場合は積極的にパートナーと

 

 

共に検査をして陽性反応が出た場合は

 

しっかり揃って治療することが重要です。

 

共に治療して、お互いに感染させる

 

心配がなければ、明るい家族計画に基づき

 

行動して良いと思います。

 

ただ、感染してるかどうかも把握してない。

 

何故か、なかなか授からない。

 

そんな状態で検査も治療もせず、奇跡的に仮に

 

授かったとしても、クラミジアの進行具合によっては、出産に至る事が出来なかったり

 

出産に漕ぎ着けても母子感染してしまったりと多くのリスクを背負うことになってしまいます。

 

もしも、これから赤ちゃんを迎えようという、覚悟が決まってるのでしたら、これから迎えようとする

 

赤ちゃんの為にも、しっかり検査をして、受け入れ態勢をしっかり整えておきましょう。

 

一度、不妊症になってしまえば治療は非常に難しいですし金銭的にもも厳しい状況に陥ってしまいます。

 

自身の陰性が確認できない間は予防策を講じる事が重要になってきます。他のページでも度々

 

述べましたが、直接の、濃厚な粘膜同志の接触が一度でも合った場合は積極的に検査をしてみましょう。

 

痛みを感じられない部分に移動して、潜伏して進行するので厄介なのです。異状を感じ取る事は非常に難しいからこそ、心当たりが有る場合は積極的に感染を疑い、行動してほしいと思います。

 

予防の第一段階として自分の感染の有無を把握し、パートナーにうつさせない努力をしましょう

 

なかなか病院に掛かれなくても大丈夫!自宅に居ながら治療可能な時代です

 

クラミジア潜伏期間

 

 クラミジアの潜伏期間を知ってますか?男女共、平均的に2週間とされてます。しかし、実際の所、感染時に感染を自覚する症状が一切出ない為に正しい潜伏期というのは把握されてないのが現状です。

 

特に女性は実に8割以上が無症状ですので潜伏期間が不明な事が殆どです。どちらかと言うと女性の方が症状が出にくく、且つ、感染しやすい傾向にありますね。因みに男性は5割ほどが何らかの自覚症状が現れます。

 

ですので異常に気づき受診して重くなる前に治療が出来たりするケースも有るのですが、これに対し女性は感染から、相当の時間が経って症状が出たり、妊娠を機に検査するまで全く感染に気付かないケースも珍しくありません。

 

潜伏期間を経て最初に異変が起きるのが「おりもの」ですね。また、人によって不正出血が見られる事も有ります。この段階で少しでもクラミジア感染を疑い受診できたら予後も大きく変わりますね。

 

因みに、どうして女性の方が感染しやすい傾向にあるかと言いますと、やはり体の構造上ですね。進入してきた精液等が外に出て行きにくく、女性はクラミジアが特に好んで感染する子宮頸部の面積が広くなってます。データ的にですが二十歳前後の女性に感染者が多くなってます。

 

 

ですので、やはり感染を防ぐ意味でもコンドームの着用は大きな意味を持ちます。どうしてもコンドームを使いたくない!
直に感じ合いたい!と言う場合、パートナーと共に、予め検査をして陰性であることを確認した上で触れ合って下さい。

 

 

 

 

予防の第一段階として自分の感染の有無を把握しましょう

 

なかなか病院に掛かれなくても自分の為にもパートナーの為にも治療は諦めないで下さい!